« アバター | トップページ | 朝食会 »

製鉄天使

『製鉄天使』桜庭一樹(2009年10月)東京創元社

製鉄天使

赤朽葉家の伝説』からスピンアウトした長編小説。(立ち読みはこちら

赤朽葉~は、桜庭ファンの友人にいただいたものでしたが、傑作だったので、製鉄天使も、読まねば読まねば!と思っていた1冊でした。

レディース「製鉄天使(アイアンエンジェル)」の初代総長・赤緑豆小豆が、ぱらりらぱらりら中国地方を統一する一代記。

少女が主人公のライトノベル的な物語を、大人が読んで唸らせる文学作品にしてしまうところが、桜庭さんにしかできない匠の技だと思いました。いやぁ、すばらしいですねぇ。

桜庭作品を読んでいて、いつも思うのが、名前や名称をどうやって思いつくんだろう、ということです。「エドワード族のドブスたち」だったり、「薔薇薔薇子供(バラバラベイビー)」とか、武器屋が「貴婦人と一角獣」。桜庭さんには、大量の読書からくる膨大なストックがあるのでしょうけど、ネーミングのセンスに敬意を覚えます。

それから、小豆ちゃんや菫ちゃんの呼び名が、途中、小豆っ子、スミレっ子に変化したことが、ものすごぉく個人的にツボでした(笑)

|

« アバター | トップページ | 朝食会 »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

読了おめでとうございますhappy01 ほんと、ラノベなんですよね、だけど、それ以上のものにしてしまう!!ぶらぼー桜庭さんheart01 桜庭さんに外れなし!はまだまだ続きますよね。
元気に長生きしていっぱい書いてほしい、そして、青年のための読書クラブみたく、年とっても紅茶とケーキを頬張りながら本の周りにいてほしいですね。(もちろん私たちもーー!)

投稿: ばんびっこ | 2010年1月16日 (土) 18時11分

読みました〜!
こんな物語を紡ぐことができるのは、桜庭さんしかいませんよね!
今回も、非現実とリアリティのスレスレのバランスと、悪趣味と洗練の微妙なバランスが、たまらなく良かったですshine
これからも、ずっと「大いなるホラ話」を読み続けたいですねheart01紅茶を飲みつつhappy01

投稿: panda | 2010年1月16日 (土) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/33007130

この記事へのトラックバック一覧です: 製鉄天使:

« アバター | トップページ | 朝食会 »