« サバイバル時代の海外旅行術 | トップページ | 初日の出 »

2009年の読書

2009年の読書を振り返ってみたいと思います。

今年一年、たくさんの良書に出会えましたhappy01

いちばん思い出深いのは、福岡ハカセの『動的平衡』です!東京までトークライブを聴きに行きましたし(サインを貰った!)、生命はどのように在るのか?という根源的な問い、輪廻転生を拡張したような世界観には、心から感動しました。日々、物を食べては動的平衡を思い、部屋を片付けて散らかしては動的平衡を思いながら過ごしました。

そして、読んでほんとうに多大な影響を受けたのが、石井裕之さんの『心のブレーキの外し方』シリーズです。付属のCDは、iPodに落として何度も何度も聴きました。「自由であること」の意味が私なりにだんだんと理解出来てきて、心の持ち方がどんどん気持ちよくなってゆく疾走感を味わいました。石井さんには、感謝の気持ちで一杯です。

それから、ブログをやっていて、心底よかったと思ったのが、著者ご本人からコメントをいただいたことです!!嬉しくて最高の気分でした♪

それと、ブックオカの一箱古本市に参加したことも、今年の楽しかった思い出のひとつです♪

今年は、本を使って目一杯遊びました。

さて、来年は、更に更にたくさんの本を読んで、読書会を主催してみようかな、と策略中です。自分の小さな世界をちょっとずつ拡げていくことが出来たらいいな、と思っています☆

来年もどうぞよろしくお願いいたしますshine

|

« サバイバル時代の海外旅行術 | トップページ | 初日の出 »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/32787788

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年の読書:

« サバイバル時代の海外旅行術 | トップページ | 初日の出 »