« 訳者解説 | トップページ | 一箱古本市の歩き方 »

「お通し」はなぜ必ず出るのか

『「お通し」はなぜ必ず出るのか ビジネスは飲食店に学べ』子安大輔(2009年5月)新潮新書

「お通し」はなぜ必ず出るのか―ビジネスは飲食店に学べ (新潮新書)

飲食業について、現在の状況・これからの方向性がすっきり解る良書でした。外食という行為は、どんな人にとっても非常に身近な行為なので、読んでおいて損はないと思います。

この本を読んだきっかけは、J-WAVEの「TOKYO MORNIG RADIO POWER YOUR MORNING」です。この番組は、いつもPodcast でipodに落として通勤時に聴いていまして、週がわりで、起業家・文化人など各界で活躍する旬なゲストから、ビジネス書的な話が聴けるので、かなりお気に入りです(ナビゲーター;別所哲也氏)。ビジネス書を出版しているゲストが多いので、興味を持ったゲストの本はつい読んでしまいます。(4月には福岡ハカセもゲスト出演されました♪)

子安大輔氏については、まったく知りませんでしたが、たいへん魅力的な方でした。東大経済学部卒、博報堂マーケティング部門にて食品・飲料などの戦略立案にかかわる。というマーケティングのド真ん中なエリートさん。その後、独立して、飲食業プロデュース会社を設立。レストランビジネスの学校も運営されているそうです。番組を聴いていて、上品な語り口が好印象だったのですが、本を読んでさらに好感度が高まりました。子安さん、要チェックです!

~備忘メモ~

2007年の市場規模。飲食業24兆円!!自動車業17兆円。コンビニ7兆円。書籍雑誌2兆円。

|

« 訳者解説 | トップページ | 一箱古本市の歩き方 »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

読んだんですね!はやい~。やはり「気になる本はすぐ買う」、で「買ったものはすぐ読む」ですね。
それにしても、子安さん、今まで知らない存在でした。要チェックです!

投稿: ばんびっこ | 2009年11月14日 (土) 22時29分

そうそう。やはり、気になる本は「読みたい!気になる!エネルギー」が最高潮のときに読むのが、いちばんサクッと読めて、血肉になりやすいと思いました。究極は、「書店の隣のカフェで読む」ですかね?
子安さん、素敵な方だと思いました。ぜひ読んでみてくださいー。お貸ししますっ!ばんびっこさんなら、外食するときだけでなく、飲食業のお客様と接する際のヒントにもなるのでは?と思いますよgood

投稿: panda | 2009年11月15日 (日) 09時01分

パンダさん
はじめまして。子安です。
光栄にご紹介していただき
ありがとうございました!
久々に自分の本を検索していたら
うれしいエントリーにぶつかりました。
これからも少しでも皆さんの
お役に立てる情報を発信していきたい
と思います。
よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

投稿: 子安大輔 | 2009年11月17日 (火) 17時56分

ご本人からコメントをいただけるなんて、本当に嬉しいです!ブログをやっていて、よかったです♪
これからも飲食業のあれこれなど、どんどん発信してください!子安さんのお話をもっと聞きたいです!ご活躍を楽しみにしていますshine

投稿: panda | 2009年11月17日 (火) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/32208565

この記事へのトラックバック一覧です: 「お通し」はなぜ必ず出るのか:

« 訳者解説 | トップページ | 一箱古本市の歩き方 »