« TOKYO BASIC | トップページ | のだめカンタービレ#23 »

小川洋子対話集

『小川洋子対話集』小川洋子(2007年)幻冬舎

小川洋子対話集

図書館をウロウロしていたら、目について、目次を見ると、対談相手に、岸本佐知子さん、柴田元幸さんの名前があったので、これは!と思い、借りて読みました。

岸本さんとの対談は、案の定、自虐ネタばかりで、くつくつ笑えました。小川氏もネガティブ思考らしく、ふたりでネガティブ自慢をし合いながらも、大人の女性同士の余裕たっぷりな会話でした。ますます両氏が好きになりました。

柴田さんとの対談では、小川さんの作品を柴田さんが英語に翻訳したという縁があるようでした。柴田さんが日本語から英訳に訳したのは、小川さんの『ギブスを売る人』という短編で、ハワイの文芸誌から「なんでもいいから好きなものを一本訳していいよ」と言われて、まず浮かんだのが小川さんだったそう。いいなー。柴田さんに選ばれるなんて、ほかの作家さんから、かなり羨まれているはず!

|

« TOKYO BASIC | トップページ | のだめカンタービレ#23 »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/32412863

この記事へのトラックバック一覧です: 小川洋子対話集:

« TOKYO BASIC | トップページ | のだめカンタービレ#23 »