« エレファントム | トップページ | 脳のなかの水分子 »

たりないお金

『たりないお金』竹川美奈子(2009年7月)ダイヤモンド社

たりないお金―20代、30代のための人生設計入門

いまの20代30代へ向けたマネーライフプラン指南書。

「私たちは親の世代とは違う。決定的に違うのは経済成長・人口増という前提がもう崩れてしまっている、ということ。親世代のように、住宅ローンを組んで、車を買って、保険に加入し、教育支出をしていては、将来たいへんなことになります!」という脅し文句から、この本は始まります。勝間さんの『お金は銀行に預けるな』と同じですね。

じゃあ、いくら足りないのか。3000万円くらい?5000万円くらい?

普段は、なんとなく「私の老後の生活資金って、大丈夫かな?公的年金だけでは足りないよな・・・。」と漠然と不安に思っているだけですが、この本を読んで、改めて向き合ってみると、見えてきます。

竹川さんのオススメのマネープランは、人生の5大費用を見直して(住宅・車・保険・教育・基礎生活費)、余ったお金を運用する、というもの。運用は、インデックス投資信託が安全確実。

私は、これから65歳までに30年あるので、30年運用できるから、理想の金額にお金を育てることが十分可能に思えました。投資においては、「時間」というものがどれだけ貴重なことなのか、よく理解できました。50代60代の方は、この本を30代で手に取れることを羨ましく思うでしょうね。

ところで、竹川美奈子さんが、7月くらいにBookLoversにゲストで出られていて、この本についてのお話を聴いたのですが、その話し方にとても好感を持ちました。淡々としているんだけど、ソフトで女性らしい柔らかみもあり、でもきっぱりとしていて。女性で独立して仕事をしている方で、ここまで成功しているのに、肩肘張っていなくて。素敵でした。

|

« エレファントム | トップページ | 脳のなかの水分子 »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/31295907

この記事へのトラックバック一覧です: たりないお金:

« エレファントム | トップページ | 脳のなかの水分子 »