« 試験終了 | トップページ | 洗脳原論 »

運命を拓く

『運命を拓く』中村天風(1994)講談社

運命を拓く―天風瞑想録 (講談社文庫)

deepなビジネス書を読みました。ジュンク堂では「ビジネス書古典」の棚。

石井裕之氏がインタビューで、「僕が影響を受けた人は、中村天風とミルトン・エリクソンと野口晴哉です。」と答えていらっしゃったので、突然、私の中の「要マーク人物」になり、読了。

いかに生きるか、いわゆる天風哲学なのですが、章ごとに「誦句」つまりアファメーション(自己暗示)がついていたり、潜在意識の章があったり、確かに石井裕之的でした。

松下幸之助や宇野千代も、天風先生のもとに通って学んでいたらしいですが、きっと彼らも、私が石井裕之氏の話を聴いて感動したのと同じような感覚を味わっていたんじゃないかな、と思います。

それから、知りませんでしたが、日本へ初めてヨガを持ちこんだのは、天風先生でした。今の私のキーワード「石井裕之・潜在意識・ヨガ・瞑想」が繋がりました!

さらーっと読んではいけない1冊。じっくり浸みこむまで読み倒します!

|

« 試験終了 | トップページ | 洗脳原論 »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/31108090

この記事へのトラックバック一覧です: 運命を拓く:

« 試験終了 | トップページ | 洗脳原論 »