« 低反発炭パイプ枕 | トップページ | Pen 8/1号 »

ダメな自分を救う本

『ダメな自分を救う本』石井裕之(2006年)詳伝社

ダメな自分を救う本―人生を劇的に変えるアファメーション・テクニック

石井裕之にどっぷりハマっております。セラピスト石井さんの語る話は、心のあり方について新たな視点を知ることができたり、響く話が満載です!

「心はどこにある?」というエピソードについて。

心は、心臓のあたりに拳大にあるものと思っていましたが、「心の中に身体がある」と考えているそうです。なるほど!と思いました。

心は拳のようにちっぽけなものではない、という考えは、私にとっては、インパクト大!でした。「心が広い」とか「心が狭い」という表現がありますが、それは文字通りの意味なのですね。そして、心は、自分次第で、小さくも大きくも出来るそうで。先日、仕事で少し嫌なことがありましたが、心を拡げたところをイメージしてみたら、スッと楽になれました。いつも広い心でいたいものです。

そして、心の拡がり、・・・拡がり、心・・・。とぼんやり思っていたら、心の拡がりを感じる方法を思いつきました!それは、「香水をつける」ということです。ちょうど香水の香る範囲が、心がある範囲なんじゃないかな、と思いまして。いつもの香水が、このことを思いついたタイミングでちょうど切れたので、新しい香水を買いました。ローズベースにレモンなど柑橘系の入った夏仕様のものを選びました。ものすごく気に入っています♪

|

« 低反発炭パイプ枕 | トップページ | Pen 8/1号 »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/30522842

この記事へのトラックバック一覧です: ダメな自分を救う本:

« 低反発炭パイプ枕 | トップページ | Pen 8/1号 »