« 多読術 | トップページ | 日々の暮らしを楽にする »

この世でいちばん大事な「カネ」の話

『この世でいちばん大事な「カネ」の話』西原理恵子(2008年10月)理論社

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

漫画家西原理恵子氏の、漫画のような貧乏暮らし物語。カネ啓発書。(借り本。)

西原氏のメッセージは、「カネがないと幸せにはなれない。心に余裕を持てるのはカネがあってこそ。だから働け!働くことが生きること。」

西原氏の貧乏時代と比べれば、今の私の暮らしは超Happyだ。しかし、その平和な幸せな暮らしはカネがあるからであって、貧乏なんて絶対イヤだ。働かなくてはーー!

仕事で嫌なことがあったととしても、ぜんぜんちっぽけなことと思えました。西原氏に殴られそうなくらい、ほんとにちっぽけ。稼げることに感謝。

|

« 多読術 | トップページ | 日々の暮らしを楽にする »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/29549711

この記事へのトラックバック一覧です: この世でいちばん大事な「カネ」の話:

« 多読術 | トップページ | 日々の暮らしを楽にする »