« 創り続ける理由 安藤雅信 定番の器展 | トップページ | ささいないらだちの種を取り除く »

NLPの基本がよくわかる本

『NLPの基本がよくわかる本』山崎啓支(2007年)日本能率協会マネジメントセンター

実務入門 NLPの基本がわかる本 (実務入門)

またまたNLPものです。

基本書として、ちょうどよい内容でした。広く浅くですが、浅すぎず、適度にNLPの主なスキルの解説があったので、NLPに興味を持ち始めたばかりの私にはぴったりでした。

NLPの「N」は、「Neuro」(神経)なのですが、これをあえて「五感」と訳してあったのが、なるほど!でした。「神経言語プログラミング」では、何のことかよくわかりませんが、つまりは、五感と言葉の使い方について学ぶものなんだよな、という理解ができました。

アメリカでは「NLPは脳の取扱説明書」と言われているそうですが、良く言ったもので、脳の特性・脳の認知のパターンを理解したうえで、日頃、他人とコミュニケーションをとったり、自分との対話で使う言葉を変えていくと、パワフルに人生が好転していくような気がします。

「空白を埋める原則や、「焦点化の原則」の話などは、面白くってたいへんです!日常的に無意識的に行っていることを、これらの原則を理解したうえで改めて捉えなおしてみると、たくさんのAHA体験ができます。

セミナーに行きたい~!!NLPが何なのかはよく分かったけど、トレーナーからしっかりと話を聞きたい!本当はNLPは、営業力をUPしたい、とかいろいろな目的を達成するためのツールのひとつなんでしょうけど、私は純粋にNLPのことをただ知りたいです。

|

« 創り続ける理由 安藤雅信 定番の器展 | トップページ | ささいないらだちの種を取り除く »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/29754630

この記事へのトラックバック一覧です: NLPの基本がよくわかる本:

« 創り続ける理由 安藤雅信 定番の器展 | トップページ | ささいないらだちの種を取り除く »