« ハチはなぜ大量死したのか | トップページ | ようやく完成 »

不透明な時代を見抜く統計思考力

『不透明な時代を見抜く「統計思考力」』神永正博(2009年4月)ディスカヴァー・トゥエンティワン

不透明な時代を見抜く「統計思考力」

子飼弾氏の書評を読んで、発売前から読む気満々だった1冊。ディスカバーの干場社長の編集というのもポイント高し。干場社長の編集には、すっかり馴染んでしまったので、早く読めます。

統計ものは、読む必要があるのですよ・・・。社労士試験に「労働一般常識」という科目がありまして、厚生労働白書の統計データ(完全失業率、とか毎月勤労統計とか)から出題されます。なので、統計について、知りたいことが多々あります。前にも、統計の入門書を読みましたが、分かったような分からなかったような、でした・・・。

元データの見方→読み方→利用の仕方(将来予測)のステップで、偏差、分布、相関などの基本的な考え方がよくわかりました。要らない専門的な話はなくて、ちょうどよかった。

例にとられた題材が、失業率や人口、非正規労働、格差(ジニ係数)だったので、社労士試験対策としても、ドンピシャリでした♪

|

« ハチはなぜ大量死したのか | トップページ | ようやく完成 »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/29153257

この記事へのトラックバック一覧です: 不透明な時代を見抜く統計思考力:

« ハチはなぜ大量死したのか | トップページ | ようやく完成 »