« マインドマップ基礎講座 | トップページ | 第1感 »

超!自分マネジメント整理術

『超!自分マネジメント整理術』石田淳(2008年8月)インデックス・コミュニケーションズ

超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法

マインドマップ講座で、参考文献として陳列されていた本。

読んで、マインドマップにまとめました。(受講後21日間は、1日1枚描かなくてはいけない。)

行動科学に基づいたセルフマネジメント本。1に整理、2に言語化、3に計測、4強化というステップ。いたって基本的なこと。

アイデアを出すということも「行動」なので、アイデアを出すときの一連の行動(集める資料は?どこにあるか?誰に聞くか?etc)を、すべてマインドマップで描きだすと、重要な行動とそうでないものが整理できて、成果に直結する「ピンポイント行動」を見つけ出すことができるそう。マインドマップは、箇条書きよりも視覚的にわかりやすいので、とても有効なツールのひとつです、と紹介されていました。

目標に至るステップをピンポイントで具体的な言語に落とし込む、ということは、ごくごく基本的なことだと思います。でも、わかっちゃいるけど、実際に「行動」することがけっこう難しい。勝間和代さんの言葉にとても納得した言葉があります。「本に書かれていいることをやると決める人は全体の20%、実際にやる人はその中の20%、それを続ける人はさらにその中の20%、つまり、たったの0.8%なのです」。だから、「行動する」ということで1冊出版されるほど、いかに具体的に行動できるよう仕組化するかをみんな真剣に悩んで試行錯誤しているのでしょうね。ちなみに、私はこの言葉を切り取って、手帳に挟んでいます(笑)

|

« マインドマップ基礎講座 | トップページ | 第1感 »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/27981290

この記事へのトラックバック一覧です: 超!自分マネジメント整理術:

« マインドマップ基礎講座 | トップページ | 第1感 »