« 斉藤一人幸せの名言集 | トップページ | レイクサイド »

庵堂三兄弟の聖職

『庵堂三兄弟の聖職』真藤順丈(2008年10月)角川書店

庵堂三兄弟の聖職

必ずしも大賞がでない日本ホラー小説大賞に、3年ぶりで出た大賞作。ホラー小説は、好んでは読みませんが、岩井志麻子の『ぼっけえ、きょうてえ』とか、高志祐介の『黒い家』とか、けっこう大賞作を読んでた・・・。(実は怖い話、好きなんだろうか?)

真藤順丈氏は、2008年、ダ・ヴィンチ文学賞大賞など数々の新人賞を受賞して、あちこちから、すごいすごいと誉め称えられていたので、非常に気になる作家でした。

この作品は、遺体から箸や孫の手、バッグから花火まで、あらゆる生活用品を作り出す「遺工師」という異様な仕事を軸としながらも、三兄弟の人間性には温かみがあって、なんとも不思議な読後感でした。

たしかに物語の展開は、うまくて面白いけど、残酷な描写や汚ない言葉遣いが多いので、あんまり積極的にはオススメしたくないです。気になる人は自己責任でってことで。。。『地図男』のほうから入ればよかったかな。

|

« 斉藤一人幸せの名言集 | トップページ | レイクサイド »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

読んだんですねーーー!!私、両方図書館に予約中ですがまだまわってきません(^^;)なかなかの人気振りですね~。
地図男からまわってきたらいいな(^^;)

投稿: ばんびっこ | 2009年1月 5日 (月) 12時19分

図書館の予約は取り消して下さい。お貸ししますっ!
真藤順丈氏の「新進気鋭波動」にふれるだけでも、読む価値があると思います。(斉藤一人的スピリチュアル感想)

投稿: panda | 2009年1月 5日 (月) 18時33分

予約とりけしました~!!お言葉に甘えま~す
(^^)ぜひとも読みたい作家さんなので今から楽しみにしてます!!ありがとうございます。

投稿: ばんびっこ | 2009年1月 6日 (火) 12時14分

読みました、たった今。ふう~。おもしろかったです!夜になって一気に読みました。ただ、描写が・・・「おっと、ここからは血肉が・・・危険危険、読み流し読み流し!!」というかんじで、ソノ辺はかなりウッスラと読みました^^;でも、ほんと、一気読みさせちゃう力がありました。3兄弟の描写もとてもよかったし、終わり方もとても良かったです。
きっと読みつづけちゃいますね^^

投稿: ばんびっこ | 2009年1月26日 (月) 00時41分

痛々しい表現があれだけあるのに、3兄弟がいい味で、一気に読めますよね!この作家さんは要チェックですね。地図男も気になります~

投稿: panda | 2009年1月26日 (月) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/26808845

この記事へのトラックバック一覧です: 庵堂三兄弟の聖職:

« 斉藤一人幸せの名言集 | トップページ | レイクサイド »