« 「脳力」を上げる視覚トレーニング | トップページ | 本に読まれて »

ガラクタ捨てれば未来がひらける

『ガラクタ捨てれば未来がひらける』カレン・キングストン(2005年)小学館文庫

ガラクタ捨てれば未来がひらける (小学館文庫)

日本では、『ガラクタ捨てれば自分が見える』の続編かのように出版されていたので、続きだー♪と思ってワクワクと読みましたが、続編ではなく、逆に、『~自分が見える』の以前に書かれた本でした・・・。どおりで、ガラクタを捨てた後、どんな未来に進むのか?的な話はほとんどなく、スペースクリアリング全般的な話がほとんどでした。本国イギリスでは、こっちがカレンの第1作目だったそう。この第5章の「ガラクタをやっつける」の内容をふくらませて、整理に焦点をあてた続編が『~自分が見える』だったらしい。なーるほどね。

こっちは、かなりスピリチュアル。「聖なる水で清める」「ベルで清める」などなど。ソファーやベッドの配置や、鏡やクリスタルの取扱についてなど風水らしい風水についてもボリュームがありました。

そして、すぐに不思議な出来事が!会社が同じビル内で引っ越しをしたのですが、十日えびすの飾りや、えびす様の置物、神社のお札の新しい置き場所を私が決めることになりました。それと、半身が映る大きさの鏡3枚分の配置も私が決めることに。本を読んで、神様の祀り方や、鏡の取り扱いについて知ったとたん、実際に、それを私がすることになったのです。びっくり体験でした。ただの偶然とは思えません。明日は、会社の空気清浄機7台分のフィルターを交換します。会社の空気が今までよりクリーンになります。これで会社の業績もぐいぐい上がるとよいのですが、どうでしょう?

とにもかくにも、ガラクタは捨てます。作りません。溜めません。持ち込みません。(非核三原則みたい・・・)

|

« 「脳力」を上げる視覚トレーニング | トップページ | 本に読まれて »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/27524494

この記事へのトラックバック一覧です: ガラクタ捨てれば未来がひらける:

« 「脳力」を上げる視覚トレーニング | トップページ | 本に読まれて »