« 起きていることはすべて正しい | トップページ | 神経言語プログラミング »

自助論

『自助論』S.スマイルズ(訳)竹内均(原書は1858年)三笠書房

「天は自ら助くる者を助く」
自助の精神は、人間が真の成長を遂げるための礎である。

格言・事例、格言・事例のオンパレード。

かなり読み飛ばした箇所もありますが、グサっと刺さる箇所も多数。

「いくら万巻の書を読もうとも、それは酒をちびちび飲むような知的たしなみに過ぎない。現実生活から得た経験が真の知恵となる。」

・・・がーん。確かにおっしゃる通り。
今、とにかく手当たりしだい、読んでいますが、そんなときに、この一文はきついものがありました。

訳者は科学雑誌「ニュートン」の編集長として青少年の科学啓蒙に尽力されてきた方。
きっと、青少年・青年に学ぶことや、努力すること、生き方について、いろいろと助言をしたいと心から思っていらっしゃる方なんだろうなー、と思いました。
柴田元幸さんのファンになって以来、著者よりも訳者に興味が湧きます(笑)




スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

|

« 起きていることはすべて正しい | トップページ | 神経言語プログラミング »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/25830632

この記事へのトラックバック一覧です: 自助論:

« 起きていることはすべて正しい | トップページ | 神経言語プログラミング »