« 夜 | トップページ | 良心をもたない人たち »

桜庭一樹読書日記

『桜庭一樹読書日記』桜庭一樹(2007年7月)東京創元社

2006年2月~2007年1月の桜庭さんの読書日記

毎月WEBに公開されているものの単行本化

面白ーい!

本好きって、みんなこんななんだろうか?まいにちまいにちものすごい読書量。しかも、とてもとても楽しそう。編集者K島とのからみも、かなり笑える。桜庭さんの日常は、とにかく本を読んで、書いて、本屋に行って、編集者さんと飲んで、の繰り返しで、四六時中、本!

私も、好きなだけ読んで、かなり幸せです。本を好きなだけ読むことの自由!なんて素敵なこと♪と嬉しくなりました。

しかし、さらにさらに読みたい本が増えてしまった・・・。幸せ♪

桜庭一樹読書日記―少年になり、本を買うのだ。

|

« 夜 | トップページ | 良心をもたない人たち »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

そうですよね!増えますよね!!おもしろいですよね!!!
私は読了後まっさきに「ジョンランプリエールが辞書になる」じゃない「ジョンランプリエールの辞書(だっけ?)」を買いました。まだ積み本のままですが(^^;)

投稿: ばんびっこ | 2008年12月12日 (金) 09時04分

「ジョンランプリエールの辞書」、桜庭さんは特別に好きな本みたいですね。面白そうですーー!しかし、定価5000円…。
私は、借りているくせに積本の「愛についてのデッサン」を速効で読みたくなりました。桜庭さんが傑作と評するなら間違いない!きゃー♪

投稿: panda | 2008年12月12日 (金) 20時51分

もちろん、私が購入したのは文庫版でーーす。上下巻・・・まとまった時間がないと・・・(^^;)
もちろん、読んだらまわします。まわしたくなるような面白い本であることを願ってますね。
そうそう、私も「愛デ」速攻読みたくなったけど、なかなか無くって。桜庭さんが傑作と言ってくれると
安心して読めますね、いまのところ、はずれないですねー。

投稿: ばんびっこ | 2008年12月12日 (金) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/26121897

この記事へのトラックバック一覧です: 桜庭一樹読書日記:

« 夜 | トップページ | 良心をもたない人たち »