« 神経言語プログラミング | トップページ | 地図のない道 »

Coyote 2008年12月号

『Coyote 2008年12月号』スイッチパブリッシング

付録のとじこみ冊子が「冒険文学全集30冊」で、福岡伸一さん他2名が編集委員になっているブックガイドがついていたので、とびついて買いました!

福岡さんの美しい文章は、どのような読書経験によって培われてきたのものなのか非常に知りたいことなので、とても嬉しかったです。

心から知りたいことは、黙っていても向こうから来てくれる。目的さえ明確であれば、幸運を引き寄せられる。そんなことを今日も思いました。

本体をパラパラめくっていたら、先日読んだ『火を熾す』の魅力について、訳者の柴田元幸さんが解説されていて、それもまた楽しい読み物でした。

それにしても、福岡さんは、文芸春秋の「読書家52人の死ぬまでに絶対読みたい本」にも寄稿されていたし、ひっぱりだこ。福岡さんのオススメ本を知りたいと思っている読者が多いのでしょうね。きっと数10万人単位で。

さらに読みたい本が増えて、たいへんなことになっています・・・。

Coyote (コヨーテ)No.33 特集:冒険へのレッスン

|

« 神経言語プログラミング | トップページ | 地図のない道 »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

一緒に載ってた古川日出男!!!彼の本もぜひ、お読みください。とっかかりは悪いかも・・ですが、満足感は保証します(^o^)
読みたい本が洪水のように押し寄せますね!!
それにしても、福岡さん。恐るべし。

投稿: ばんびっこ | 2008年12月 6日 (土) 12時49分

古川日出男さん、あなたは誰?って感じでノーチェックでした。お勧めなのですね。ではでは気に留めておきま〜す♪

投稿: panda | 2008年12月 6日 (土) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/25944989

この記事へのトラックバック一覧です: Coyote 2008年12月号:

« 神経言語プログラミング | トップページ | 地図のない道 »