« 弾言 | トップページ | どうする?!管理職者の残業手当? »

知的な距離感

『知的な距離感 プライベートエリア 魔法の効果』マジシャン前田知洋(2007年8月)かんき出版

前田さんのクロースアップマジックは大好きで、TVで放映されるときは必ず見ます。
洗練された身のこなし、紳士的な語り口、いつも魅了されてしまいます。

その前田さんの著作ときたら、読むしかないでしょう!

読みました。

とっても前田さんらしい、紳士的な文章です。
用いられているエピソードが、レストランでの振る舞いなど、どこまでもエレガント!


前田さん曰く、

「プライベートエリア」とは、他人に侵入されると不快に思う空間のこと。
見えないバリアのようなもの。
個人差はあるが、顔の正面は大きく、足先などは小さい。
顔のプライベートエリアに侵入されると敏感に不快に感じる。

マジシャンにとっては、観客とどれくらいの距離感で接するかは、とても大切。
相手との距離感を気にかけ、正しい距離で対峙すると、動きがエレガントに見え、相手への気遣いが伝わるようになる。

とのことです。

人間関係にとって、距離感はとても大切。
よく「空気を読む」とか「KY…空気読めない」とか言いますが、前田さん流に言うなら、「プライベートエリアを測る」でしょうか。

そのコツや活用のヒントがいろいろと書いてありました。
例えば、婚約指輪の渡し方とか、理想のプレゼンの仕方であるとか、ホテルの内装の色分けとか。
建築家や画家などは経験的に知っていることなのかもしれません。

上手に距離を取れるようになりたいものです。




知的な距離感

|

« 弾言 | トップページ | どうする?!管理職者の残業手当? »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/24524076

この記事へのトラックバック一覧です: 知的な距離感:

« 弾言 | トップページ | どうする?!管理職者の残業手当? »