« 読書ツール | トップページ | できそこないの男たち »

レバレッジ英語勉強法

『レバレッジ英語勉強法』本田直之(2008年4月)朝日新聞出版

英語を使えるようになりたい!
この秋から、英語の勉強に手をつけるぞ!
という、漠然とした思いから、この本を手にとりましたが、大正解でした。

最近はやりの勉強本英語バージョン。
いかに効率良く短期間で英語をマスターするか、について分かり易く述べられていました。

従来のNG英語学習法 
 広い範囲をインプット
  ↓
 すべてをカバーしようとして、いくら勉強してもマスターできずに挫折…

レバレッジ英語勉強法
 偏った範囲をインプット
  ↓
 範囲は限定されるが、不自由なくコミュニケーションできる!

具体的には・・・
 STAGE1
  即効性のインプット(80%はここに時間を配分する)
  ・偏った英単語を覚える(興味のある得意分野で)
   100単語程度20フレーズ程度 
  ・偏った範囲の言い回しを覚える
  ・きっかけ語、あいずち語
  ・自己紹介
  ・get、haveなどの使い回し単語 
  即効性のアウトプット
  ・カスタマイズしたマンツーマン英会話 
  ・自己紹介
  ・海外旅行、海外出張
  遅効性のインプット
  ・リスニングトレーニング
  ・興味分野のオーディブックやCDを繰り返し聴く
STAGE2
  ボキャブラリービルディング
  留学

この方法なら、効率良く3ヶ月で英語が使えるようになれる気がしました。

ゆくゆくは、原書でアメリカやヨーロッパの労働に関する文献や論文、英語で書かれたベストセラーをタイムリーに読めるようになりたい!と思います。
そして、それを日本に紹介することができたらいいな〜、と夢想しております・・・。

巻末に挙げられていた参考テキスト20冊のうち、
「英会話なるほどフレーズ100」CD付は我が家の本棚にあるので、とりえずはそれを通勤時間に聴くことにします。

がんばろーっと♪

著者:本田 直之




レバレッジ英語勉強法

|

« 読書ツール | トップページ | できそこないの男たち »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/24450675

この記事へのトラックバック一覧です: レバレッジ英語勉強法:

« 読書ツール | トップページ | できそこないの男たち »