« 青年のための読書クラブ | トップページ | スイス人銀行家の教え »

OKi 流フレンチシルヴプレ

『OKi 流フレンチシルヴプレ』沖克洋(2008年9月)梓書院

この本は、沖シェフの料理教室で購入して、直筆サインをいただきました♪

きっかけは、誕生日に沖シェフのレストランで食事をした際に、出版の案内と、一日講座の料理教室の案内をいただいたことです。

この本の構成は、左から読むと家庭用、右から読むとプロ用になっていて、中央のページに、あとがきとプロフィールがあります。ちょっとユニークで素敵です。

教室で教えて貰った料理は、以下4品です。
 鯛のカルパッチョ
 魚介のフラン(洋風茶碗蒸しみたいなもの)
 鶏モモ肉のパリパリ焼き 
 イチジクのコンポート

どれもレシピ本の中からの紹介でした。

まずは、シェフのデモンストレーションを一回見て、その後、参加者24名だったのですが、4班に分かれて実習しました。全員初対面でしたが、すぐに和気あいあいと楽しんで作れました。年齢層は30代から60代くらいまで、さまざまでした。
一人だけですが、50代くらいの男性もいました。この男性は、いろいろ詳しそうで、根っからの料理好き、という感じの方でした。

シェフは、ぱっと見は、髭面で背も高くてちょっと怖いけど、とても気さくな方で話しかけ易くて、火加減や適量のさじ加減など、何でも気楽に教えて下さいました。

日頃、鍋や焼き魚、野菜炒めetcという、超貧弱なレパートリーしかない私にとっては、とてもいい機会でした。どれも美味しくて、そこまで手間もかかりませんでしたし(鍋に比べたら10倍はたいへんですが)、記憶に残っているうちに家でも作ってみようと思います。

ちなみに、この本の帯には、なんと王監督の写真と推薦文が!!
「沖シェフは料理界のスウィッチヒッターだ!」
監督も常連客のようでした。


|

« 青年のための読書クラブ | トップページ | スイス人銀行家の教え »

01.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106715/24488569

この記事へのトラックバック一覧です: OKi 流フレンチシルヴプレ:

« 青年のための読書クラブ | トップページ | スイス人銀行家の教え »